SHARE

  • Facebook

2017.09.27

by

コラム

「ドキドキしている時間こそが人生だ」

「ドキドキしている時間こそが人生だ」

日々の生活の様々な場面でこの言葉を思い出す。

 

この言葉を知ったのは予備校で、受験を間近に控えた俺らに「そのドキドキを楽しめ!ヒャッハー」って感じで先生が言ってた。

そして俺の予備校ライフの格言として刻まれている。先生の顔と名前は忘れちゃったけど・・・。

 

この言葉はなぜ俺にとって力を持つのか。

ノマドワーカーの間で話題のマクドナルドで作業してたけどWi-Fiが繋がらなくなったから、「ドキドキしている時間こそが人生」の意味を考えてみた。

 

心臓の鼓動が生きているスピードだとすれば、興奮して心臓のBPMが150くらいある時ってめっちゃ生きてる。生き急いでる。

日々のドキドキする状況ってのは、大仕事をする時とか未知の領域に踏み込む時とかミスやらかした時とかだと思う。

不安になったり投げ出したくなったりしても、この言葉をつぶやくと、「今こそ正念場だ!いけ!」って感じで俺自身を奮い立たせることができる。

S__41902127

(写真はぶるってる安西先生)

 

ドキドキしてる時は生きているって感じがする。

きっとドキドキの先に成長があるからかもしれない。

成長が促されるイベントってのはそりゃー興奮するに決まってる。

 

なんか当たり前な回答になってしまった。

要するにドキドキは成長だと。

ワクワクしてるときは言わずもがな最高。

結果、確かにドキドキしてる時は人生だ。

 

なんやかんやで俺はドキドキしながら生きている。

半年後に何しているかだって分からない。

なんなら来月からどうやって生活してるのかも分からない(笑)

 

いや〜日次ベースでドキドキしていたいね。ジャンキーか(笑)

ちなみに俺の心臓の鼓動のモノマネには定評がある(笑)

久しぶりの記事書いて思ったけど、Wordpressのブログって使いづらいね。

脳と同期できるようになって1日の終わりには1200文字くらいの記事が出来上がってるようなプラグイン開発されね〜かな〜

クラファン2万。

取りとめもなくなってきたから終わりー。

COMMENTS

RELATED

関連記事

RELATED

関連記事