SHARE

  • Facebook

【画家】小松美羽展「神獣〜エリア21~」で感じた魂と人知を超えた存在

IMG_1431

「小松美羽」という現代アーティストがいる。

俺は小松美羽展「神獣〜エリア21〜」で彼女の存在を知った。

komatsu_miwa

ある日、絵描きの友人である亀井佐知子が小松美羽展「神獣〜エリア21〜」の存在を教えてくれた。亀井佐知子はつい最近小松美羽氏の見習いになり、この展示会に携わっていた。

送られてきたURLを開き、「神獣〜エリア21〜」のサイトを見て、強烈に惹かれるものを感じた。

以下がサイトにあった展示会の説明文

【エリア21】
地球を観る。
21世紀、人類の惑星間移動が始まった。かつて、彼らが飛来したとき、宇宙から観る地球には、国境は無かった。
彼らは、20のAREAに分けて探索した。
しかし、それらのAREAには留まらずAREA21に住むことにした。
私たちは何故、ここに居るのか。そして、彼らは何故、ここに居ないのか。
宇宙の法則の入り口に立ったとき、AREA21が見えてきた。
私たちは、彼らがしたように20のAREAを観ることにした。
そうすれば、AREA21へと導かれるであろう。

…訳がわからなかった。

AREAってなんだ?

これはフィクション?

それともガチ?

小松さんにはなにが見えていて、なにを考えているんだろう?

色々な疑問が頭をよぎり、好奇心を刺激され、小松さんの絵を生で観たいし、佐知子にも話を聞いてみたいし、とにかく行ってみようと思った。

開催期間は2017.6.3(土) – 6.11(日)。3日と4日にはすでに描かれた20体の神獣に加えて、21体目の神獣がライブペイントされるという。

俺は石垣への出発を先延ばしにして初日のライブペイントを観に、会場がある紀尾井カンファレンスへ足を運んだ。

 

小松美羽の「ご挨拶」

会場に着いた。

中に入るとまず門番のように描かれた2体の何かが目に入った。生き物っぽさはあるが、明らかに俺が知っている生き物ではない何かだった。

IMG_1423

俺は視覚的に幽霊や霊魂みたいなものが見えるタイプではない。だが、そういった何かを、何かしらの形で感じる人がいることは知っている。小松さんはそんな人だと思った。

絵を見ただけじゃ、俺にはわからないことがたくさんありそうだったので、小松さんの書いた文章が読みたかった。

そして、入り口すぐのところにある小松美羽さんによる挨拶文を読んだ。

ご挨拶

私には何よりも大切だった事がある。
それは母が用意してくれた広告紙裏に絵を描く事だった。姉妹で夢中で描きあった日々があった。ふとここで思い出す。私はなぜ人ではなく神獣を描くのか。それは幼少の頃の体験が大きい。あれはいつだったか正確な歳が思い出せない程昔。田んぼ道でぶらぶらする私の視界の先に、ふさふさで尻尾を揺らす茶褐色の山犬が現れた事がきっかけだった。それからというもの時々、私が道に迷うと山犬が数メートル先に現れ、何度も後ろを振り返りながら私を目的の場所へと導いてくれる経験をした。
最後にその山犬を見たのは中学3年生の冬。ある吹雪の日、図書館に向かい橋を渡る。
私は足を取られながら、凍てつく世界で今この時間に私だけしか存在していないような感覚に襲われ足を止めた。それでも先に進まなくてはと先に目を凝らすと懐かしいあの子がいた。
吹雪の中なぜか今度は真っ黒な毛でじっと佇み私を見つめていた。
「あっ。」
私が声を出すと同時にあの子は振り返りながら私の先を歩き始めた。それからふと視界を外した時だった。雪に肉球の跡が無い事に気がつく。そして、はっとして顔を上げるとあの子はぐるぐると円を描いて消えてしまった。
そんな体験があったから私は神社いる狛犬に注目することが多くなった。そこにはあの子の気配があったからだ。森にいくと人ならざる者たちの息吹で溢れていて、ああ人間の世界が全てではないと言う確かな感覚があり、それは救いだった。その確信こそ私が子どもながらに求めていた平等そのものだった。
絵の始まりは神事に通じるのだけれど、その原点に立ち返るには今のアートは随分エゴイスティックな歴史を踏んでしまったようにも感じる。もともと神や見えない世界を伝えるためのツールであり、そこに人々の魂の救いがあるように思う。だからこそ今も、あちらの世界を感じ彼らが見える私は、使命のように神獣を書くのだろう。
ただこれだけは言える。

魂が叫んでいる、描けと!
そして魂の成長に純粋な画家であれと!

2017年6月

(「ご挨拶」文字起こし)

キタ おもしろー、読んだほうがいい #小松美羽展 #神獣エリア21

Takahiro Terry Naitoさん(@t_terry_n)がシェアした投稿 –

文章からは書き手の人間性が滲み出る。

俺はこの挨拶文を読んで、「小松美羽」は正直で強い人間なんだなと思った。

人間、正直でいることは簡単なことじゃない。弱い人間は自分にも他者にも正直ではいられない、嘘をついたり、隠し事をしたりする。在りたい姿と実際の姿に隠すべきだと思うギャップを感じるから、嘘や秘密を自分の中に抱える。

ありのままの自分を表現できる人間は強いと俺は思う。自分にも他者にも嘘をつかない事は強さだ。

堂々としたシンプルで率直な小松美羽の言葉からそういう強さを感じた。

 

小松美羽の「絵」

会場にある約50点の絵を歩いて見て回った。

IMG_1416

強く惹かれた。

IMG_1417

どの絵も目が尋常ではない迫力を放つ。

IMG_1421

絵の具やペンが何層にも重ねられ厚みのある絵。

IMG_1427

これが小松美羽の魂が「アウトプットせよ」と感じる作品なのか。

IMG_1426

会場にちょこんと常駐していた亀井佐知子に気になったことを聞いてみた。

IMG_1422

「これは何かしらのインスピレーションを脳なりが受けて、それを小松さん的に再解釈して視覚的に落とし込んだ作品なのかな?それとも小松さんが視覚的に見えたものをそのままに描いたものなのかな?」

つまり簡単に言うと、これらがフィクションなのかノンフィクションなのかが気になった。

佐知子の答えは、後者だった。つまり、小松さんは見たものそのままを描いている、と。

IMG_1419

挨拶文にも「今も、あちらの世界を感じ彼らが見える私」とはっきり描いている。

それをこうやって表現しているのか。俺は今それを観ているのか。そう考えながら「神獣〜エリア21〜」に展示された絵を観ると、それらの持つ魅力はより増した。

IMG_1428

これが実際に見えている人がいる。ここで表現されているものはフィクションではなくどこかのレベルで実在している。

IMG_1425

そしてその事実に対して、この絵たちは半端ではない説得力を持つ。

世界的に活躍し評価されている小松美羽の絵には、現在数百万円〜の価格がついている。(http://miwakomatsu.thebase.in/でも売っている)

彼女の感じるものやその最終的なアウトプットに対してそれだけの価値を見出している人がいる。

正直言ってこの展示会も小松美羽もぶっ飛んでいる。(もちろん超絶良い意味で)

この展示会のテーマは現代日本の日常生活で真面目に語られるようなものではない。

仮にもし、何の実績もない誰かが全く魅力のない作品を通して「僕には神獣が見えるんだよ〜!世界にはこんなものがあるんだよ〜!ねぇ見てみてぇ〜!」と叫んだところで、誰も相手にしないだろう。たとえ本人が「魂が叫べと言っているんだ…世界に伝えることがあるんだ…使命なんだ…っ」と思っていたとしても説得力がなければ、伝わらないどころか冷笑されて終わりだろう。また、関係性によっては本人を心配するか怖くなって、正常に戻さなきゃ、とそいつの魂を去勢しようとするだろう。

しかし、小松美羽ほどの信念と実力とそれに伴う説得力を持てば、そうはならず、作品を観る人に何かを与える。

IMG_1418

もしかしたら「何を言ってるの?現実見なよ?」と言われてしまいそうな日常的でないテーマに、深く真摯に切り込んだこれらの作品から感じるパワーは、紛れもなく本物だった。

IMG_1424

そして、己の魂に従い、説得力を持って(つまり自分事だけで終わらさず)人々を魅了する作品を生み出す小松美羽は、人間として強く美しいと感じた。

 

21体目の神獣のライブペイント

15時にライブペイントが始まった。満員のため俺は会場外のパブリックビューでそれを観た。開場前から行列ができて整理券は速攻でなくなったらしい。

ライブペイントの開始と同時に空が晴れた。

IMG_1414

これから絵の具を塗りつける壁のようなキャンパスの前に正座して、小松美羽は目を瞑った。礼をして、描き始めてからは突き動かされるように全身を使って神獣を形どっていった。

IMG_1415

直接キャンパスにチューブから絵の具を塗りつけて、手のひらや指を使って描いていく。

白装束はみるみる汚れていく。

時には絵の具を手に乗せてそれをキャンバスに投げつけて絵を描いている小松美羽は、なんというか、子どものように純粋に見えた。多分、純粋でなければこういう事は為せない。

そしてやはり純粋である事は美しいと思った。

 

初日閉会後のパーティー

17時にライブペイントと展示会が終了した。

亀井佐知子と途中から来たもう一人の友人と俺の3人で小松さんにチラッとでも挨拶できないかなーと待つことにした。(佐知子も見習いになった直後でこの日が小松さんと会うのが2回目だった)

基本的に在廊していた小松さんではあったが、その人間的魅力と造形的美貌から、話かけに行く人や写真を一緒に撮りに行く人が絶えずめちゃくちゃ忙しそうだった。

俺ら3人は小松さんが落ち着くタイミングを見計らってボーッと会場外で団欒していたのだが、そのうち周辺にいる人にシャンパンが配られ始めた。「これ俺らもらっていいのかな…」と戸惑いつつも最終的には頂いた。

そうこうしているうちに改めて会場内に人が招かれ始めた。

周りをよく見ると「上品な人格者」みたいな大人しかいない。「俺ら入っていいやつなのかな…」と疑問を抱きつつも、素敵な笑顔で中に案内してくれるスタッフさんに招かれて「まぁ佐知子関係者やし…」と中に入っていった。6月に公開された小松さんが劇中絵画を担当している映画「花戦さ」の俳優陣や、如何にも「業界人です」みたいな綺麗な服に包まれた強そうな大人がたくさんいた。

そして、小松さんや野村萬斎さんやお偉いさん方の挨拶の後パーティが始まった。

シャンパンや軽食を美味しくいただき、「本日は有難うございました。佐知子を宜しくお願いしますm( . . )m(どこの立場からかはわからないけど)」と挨拶をさせてもらい、写真も一緒に撮っていただいた。

komatsu

 

小松美羽展「神獣〜エリア21〜」に行ってみて

とても有意義な時間だった。

いろんな感情や感動をいただいた。

純粋に自分の魂に従って生きて、それを体現し、表現する人は人々に勇気を与える。

この展示会を通して、俺もなんだか「自分の人生を生きる」ということに対して小松美羽さんから勇気をもらった。

俺を通して見た「誰かの素晴らしい表現」を今ここでこうやって伝えることによって、自分がもらった勇気を誰かにおすそ分けできたら嬉しい。

勇気を持って純粋に生きることを楽しめる人が増えたら、単純に言って世の中は良くなると思う。

「愛?勇気?なにそれアンパンマン?おいしいの?」なんていう奴がいたら、キックボクシング歴2ヶ月の俺が魂のアンパンチを喰らわしてやる。

IMG_1429

余談だけど、今日亀井佐知子が石垣島に、俺が注文した絵を描きに来てくれる。

彼女も小さい頃から絵を描いていた。純粋に見たものを描いていたが、それが人に理解されることはなかった。

出会うべくして亀井佐知子は小松美羽さんに出会い、今まで誰にも理解されることがなかった自分の絵を小松さんに見せた。

「見えてるものをそのまま描いているんだね、悪いものが見えてなくてよかった」と小松さんは言ったそうだ。本人曰く、初めての自分の絵に対する共感者だったそうで感動のあまり涙したという。

このような異次元に存在する魂(言葉で表すとそういうことになるのかな?)を表現する人同士の共感が、俺の中でそれらの実在をより強固な事実に変えた。

佐知子はその出会いの時に「神獣〜エリア21〜」に毎日来るように言われた。

そしてさらにはそこで自分が描いた絵を出展する機会を得て、それら10点は完売した。

IMG_1461

亀井佐知子は現在画家として活動している。(亀井佐知子のポートフォリオ「カメレオン」)

俺はこのストーリーや彼女の作品や魂に強く惹かれたし、勇気をもらった。

亀井佐知子や今描いてもらっている絵に関してもまた近いうち書きたい。

『十魂百声』 canvas / oil / F20 652×803mm

Sachiko Kameiさん(@kameleon823)がシェアした投稿 –

小松美羽さん、有難うございました。

IMG_1430

COMMENTS

RELATED

関連記事

RELATED

関連記事