SHARE

  • Facebook

2016.07.8

by

コラム

動けば分かる、動いてない奴は動け

夜中2:48 窓からパリの街並みを眺めながら、イケダハヤトさんを思い浮かべる。

外ではまだ車のクラクションがうるさい。

今フランスではユーロ2016が開催されている。

今日は準決勝の“因縁”のフランス対ドイツ戦、もはや決勝戦のような盛り上がりだ。

2-0でフランスが見事勝利し、街中大騒ぎだ。

「人々の意識の集合体がこの世に変化を起こす」という視点で考えてみると、ファンの応援というのは確実にプレイヤーを突き動かしている。

アドレナリンが溢れ出ている男はかっこいいなとテレビで試合を見ながら思った。

スポーツ選手は決まってかっこいい。

「こいつカッコ悪いな、女抱けなさそう」っていうプロスポーツ選手は見たことがない。

それは多分、彼らはコンディションがMAXに良いからだ。

脂肪、筋肉、骨、どの要素を取っても生物としての自分のベストに近いだろう。

またメンタルも最強の地球人たちだ。

スポーツで鍛えられる精神は屈強で、己を信じる力、つまり自信もすごい。

彼らは肉体も精神も最高に保ち、限界を超えたプレーを目指す。

逆に考えれば、どんな人だって生まれつきの肉体でも最高のコンディションに整えれば最強になれる。

つまり俺の理論だと「皆が鍛えれば、この世からブスは消える」。

多分、それを意識して生きている人は少ない。

人の外見で、大体そいつのマインドも分かる。

そんなことを考えていると、このつぶやきが軽くバズった。

 

ところで最近語学学校に全く行っていない。

もはや罪悪感すら感じなくなった。

むしろ学校をスルーするという爽快感が俺の行動をドライブする。

学費はもったいない。

学校っていうもんは行けば、楽しい。

でも「学校」っていう予定が俺のスケジュールに規則的に入り込んでくるのが無理なんだ。

今日もこうしてこの時間に一服している。

そして先ほどのつぶやきのあとにこんな事をつぶやいた。

なんか色々分かんないことあるけど、それが分かってくるのって動いてる時だなって思った。

何も未来は分からない。

誰に何言われても、何が正しかったかを証明できるのは自分だけ。

今を創るのは自分だ。

その意味で人間は全員クリエイティブだ。

今の積み重ねが、”未来”という幻想をリアルにしていく。

計画は今の自分をコントロールするのに意味がある。

予定は意味がない。

意味があるのは今の行動だけだ。

だから動いてるうちは大丈夫だな、分かんないことも分かるようになるわ、と思った。

動くばかり書いていたら、動くがゲシュタルト崩壊してきた。

俺は、人が何をしていてもいいと思う。

そこに意志があって、自分で選択しているなら。

だからどんな道をとっても、どんな生き方をしてても、いんじゃないって思う。

だから、イケダハヤトさんみたいに「サラリーマンとか東京っていう概念自体をぶっ叩く」みたいなやり方は好きじゃない。

東京に住むサラリーマンの良い在り方もあるからだ。

彼は彼なりに過激に動くことで変化を起こそうとしているんだろうけど。

しかもそれで年間2100万円売り上げてりゃね、すごいよ。

まぁとにかく、動いてりゃ大丈夫なんじゃない、って思って勢いのままこの記事を書いた。

動いてない奴は、動け。

 

最近、思考の中に溢れ出る言葉を、物理世界にアウトプットするのが少し上手くなってきた気がする。

「ブログ記事とか余裕っしょ」みたいにやる前は思っていたけど、いざやり始めると全然書きたいことを書きたいように書けなくてビックリした。

慣れてないと文って書けないんだね。

今日は30分でこの記事を書くことが出来た。

以前経営していたブランドに関しても、この前にもう1記事書き終えている。

出来てくると、おもしれぇわ。

書きまくれる。

イケダハヤトさん(@IHayato、1日に何記事書けるかとかで競争しませんか?m9(´◉◞౪◟◉`)笑 モチベーションになりそう

以前書いた記事もここ数日でリライトしまくっている。

少しづつ知り合いに教え始めたから、人に見られているという意識に影響を受けている気がする。

前は書くの苦痛だった。

耐えてよかったー、1人じゃ無理だった。

あとね、最近ITいじってると思うけど、やっぱすごい。

前は、すごいって言われてたからすごいと思ってたけど、使ってるとそんなもんじゃない。

宇宙具合が分かってくる。

 

ラーニングマシーンであれ。

image(漫画「バガボンド」より)

COMMENTS

RELATED

関連記事

RELATED

関連記事