SHARE

  • Facebook

2016.02.6

by

コラム

最近の自分の心境を書きなぐってみた

どうも、テリーです。

最近の心境を書きなぐってみます。

このブログに書きたいことは本当にたくさんあるんだけど、なかなか書いて公開するまでに至らない。

どういう構成で書いてどうやって伝えるのが良いんだろう、とか考えてると動けない。

うまくやろうとすると、動けないんですよね、うまくないから。うまくないことを認めてとりあえず動いてみよ〜。

ということでいま煙草吸いながらぼーっと考えてたことをとりあえず書きなぐりたいと思います。

 

大きな環境の変化の狭間に訪れる、束縛のない時間

 

僕は今大学5年生でもうすぐ卒業予定です。4月からはフランスに行きます。

そして最近めっちゃ暇です。暇っていうか束縛とか制約がない完全に自由な時間を過ごしています。2015年年末には独り身になり、バイトもやめ、授業や卒論も終わっていました。個人的な仕事もあんまりやらず言い方を変えれば最近はニート状態です。

こういう時間は今まで人生で2回ありました。

 

・1回目:大学受験が2月下旬に終わってから入学するまでの約2ヶ月間。ちなみに僕が大学に入学した2011年には、3月に東日本大震災があったため、入学が1ヶ月遅れて5月入学になりました。

・2回目:今。2016年1/12に年末年始インド旅から帰ってきてから4月にフランスに行くまでのこの3ヶ月間。

 

この2回のぽっかり空いた時間、自由という点では同じなんですが、どうも感じ方が違う。

大学受験が終わった後の自由時間は気兼ねなく遊びほうけていたのに、最近の自由時間は遊びの誘いが来たりしてもどうも乗り気になれない。先輩に合コンに誘われても、女の子に旅行に誘われても、友達に競馬に誘われても、なんか今は気分が乗らない。この違いはなんだろう、と考えていました。

 

大学入学前の2ヶ月間

 

この2ヶ月間は本当に自由で楽しめた。

高3の12月までラグビー部部長として部活頑張って、そのあと3ヶ月間受験勉強して、とりあえず受けておいた国立大学工学部にも私立文系にも私立理系にもぶっちゃけ余裕で合格。

受験という大きなタスクも無事終えて、入りたかった大学に入るのをあとは待つだけ。なにやってもOKな時間。金に関しても親の臑かじってるからそんな気にしない。震災直後は放射能等に対する不安はあったけどそんな不安もすぐに風化して遊びほうけてました。

 

最近

 

2016年が始まってから今日(2/6)までは、大学入学前の自由な時間とは状況的にはあんまり変わらないんですが、なんか楽しいだけじゃなくてモヤモヤした感情がつきまとう。意図的に空っぽの時間にしたのに有効活用しきれてない気がする。

 

この違いはなんだ

 

なんで今回はせっかく自由なのにモヤモヤしてるのかについてさっき考えていたんですが、そういうモヤモヤがあるのは「次の予定にモヤッとしている部分があるから」なんだろうなと思いました。

大学入学前の自由時間は、受験をやり切ったし、入学も待っているし、なんの気兼ねもなく自由を謳歌できていました。そういう「高校→大学」っていう社会のフローに乗っていたおかげでスケジュールがはっきりしていて、入学前の時間は遊んでいい時間だと割り切れていました。

一方、大学卒業後の進路は直感で決めました。
大学生活の中で自分が如何に社会のフローに乗せられて自分の人生を意識的に選択できていないかに気づき、考え、ようやく自分のフローに意識的に乗れるようになってきた気がします。

そして、就活という選択肢も含む無限の可能性の中から、自分のフローを行動と思考と直感の中で探し、去年の夏頃に卒業後はフランスに行く決心がついたわけです。

が、フランスにいくビザがまだ取れていない。

よって、まだ先がぼんやりしてる。

だから、今という時間もぼやっとしてしまい、100%遊びとかも楽しめない。

結局そこがひっかかってるだけだな。

ってことで結論、とっととビザとりたいと思います笑

 

 

 

COMMENTS

RELATED

関連記事

RELATED

関連記事