SHARE

  • Facebook

2016.07.10

by

コラム

「自分勝手」とはどういうことだろう

自分勝手とはどういうことかだろうか。

俺の定義では自分勝手な奴とは、

「都合のいい時には依存してくるくせに、都合のいい時には突き放してくる奴」だ。

その姿勢が、自分勝手なのだ。

ある自分勝手な奴(これまでの経験から想像するモンスター「セルフィッシュ君」)は自分の見える世界だけで生きていた。

そして、セルフィッシュ君はそれに気付いていなかった。

人の事は分析できると思ってるくせに自分のことは全く分析できていない。

セルフィッシュ君は、自分には客観視する能力があると思っている。

でもセルフィッシュ君がもっている視点は客観ではなく主観的な俯瞰で、自分が人にどう思われてるかは全く分かっておらず、あくまで主観でしか物事を考えられない。

その事を人は、セルフィッシュ君に伝える事ができない。

なぜなら、「奴が自分に持つ幻想」と「他者が奴に持つ幻想」にはギャップがありすぎるからだ。

そういう意味では、セルフィッシュ君はみんながほっといた結果すくすく育ってしまったモンスターと言うことができる。

人にどう見られているかは知らず、己が創り上げた己の幻想の中に生きている。

なら奴は幸せだ。

でも己が作り上げる幸せな幻想を支える現実には限界がくる。

自分勝手に振る舞ってるうちに周りからは人が離れて、孤独になっていく。

しかし自分勝手な奴ほど、自分の自分勝手さがその原因だということに気がつけない。

最強種のセルフィッシュ君はもはや依存できる対象が1人もいなくなってしまうかもしれない。

泥沼にはまったセルフィッシュ君の末路はおそらくそこだ。

人にとって孤独ほど辛いものはないと思う。

もし物理的にも精神的にも本当に独りだったら、どんな人間でも生きる意味を見失うと思う。

セルフィッシュ君は、人はもちろん、結局1番自分を苦しめる。

そして、このセルフィッシュ君は一人一人の自我の中に飼われているモンスターだと思う。

自己顕示欲、支配欲、依存欲、金欲、物欲、性欲、あらゆる欲求がセルフィッシュ君の餌になる。

分析すべき対象は他者よりもまず自己だ。

セルフィッシュ君をうまく飼い慣らしたいね。

こいつが必要な時もある。多分。

 

selfish

COMMENTS

RELATED

関連記事

RELATED

関連記事